木の葉のゆりかご別館

なにをしようか どこへいこうか

TOP >  歴史を訪ねて >  七天王塚

七天王塚

sititennouzuka01.jpg

千葉城(亥鼻城)周辺を散歩中に案内看板で「七天王塚」が近くにあることを知り訪れてみました。

「七天王塚」
以前から存在だけは知っていましたが訪れるのは今回が初めてです。

場所は千葉大医学部校内とその周辺ということです。
千葉大医学部を目指して歩くと千葉大学の道路を挟んだ反対側の住宅の隙間から巨木が見えました。
どうやらここがそのようです。
ちょっと異様な雰囲気がする場所です。

「1号塚」
sititennouzuka02.jpg

解説板が設置されています。
sititennouzuka03.jpg

読みにくいかと思いますので書き出してみます。


 亥鼻城または千葉城ともいわれる千葉氏の居城があった猪鼻山は、北は都川、西は断崖に面した天剣の要害の地で、その大手口にあたる現在の千葉大学医学部校内外には、千葉氏が一族の繁栄を願って作ったといわれる「七天王塚」が残されています。
 七つの塚には千葉氏の守護神である牛頭天王(ごずてんのう)が祀られ、これらは千葉氏の崇拝する北斗七星の形に配置されているといわれています。この七天王塚は千葉氏の七人の兄弟を葬った墓であるとか、平将門の「七騎武者」の墓とも伝えられています。



千葉氏と平将門どちらも「妙見信仰」で繋がりますが何とも不思議な雰囲気が漂う場所です。

正面から見るとたしかに塚の形をしています。
sititennouzuka04.jpg

塚の右側に回り込むと「牛頭天王」が祀られています。
sititennouzuka05.jpg

sititennouzuka06.jpg

正式な呼び方かわかりませんがネット上の情報では、この塚が「1号塚」と呼ばれているようです。

「1号塚」からもう少し先(東側)へ歩くと、同じ道路沿いに「2号塚」があります。
こちらのほうがより塚らしい形をしています。
同じくこの塚の前にも解説板が設置されています。

「2号塚」
sititennouzuka07.jpg

「2号塚」から道路を渡り千葉大校内へ入るとすぐそこに「3号塚」があります。

「3号塚」
sititennouzuka08.jpg

sititennouzuka09.jpg

こちらの解説板が元々の物なのでしょう。校内の他の塚のものはすべて同じものでした。

sititennouzuka10.jpg

此処から先の塚は、校内にある小さな森状のところを見つけながら歩きました。

棕櫚の木に囲まれた「4号塚」

「4号塚」
sititennouzuka11.jpg

sititennouzuka12.jpg

ちょっと開けた感じの場所にある「7号塚」
倒木の恐れがあったのでしょうか、塚の上の大木はバッサリと切られています。
僅かに塚らしい形状です。

「7号塚」
sititennouzuka13.jpg

sititennouzuka14.jpg

次の塚へ向かう道はちょっと森の中のような道。

sititennouzuka15.jpg

石積みの上に社が乗っています。

「6号塚」
sititennouzuka16.jpg

sititennouzuka17.jpg

最後に訪れた塚は、ここだけ外周を囲われています。

「5号塚」
sititennouzuka18.jpg

sititennouzuka19.jpg

sititennouzuka20.jpg

この「七天王塚」、最初に書いたように、幾つかの言い伝えがありますが発掘調査がされていない事もあり実際には何なのかわかっていません。
ただ、塚群の中心付近で2002年に研究棟新築工事の際に前方後円墳が見つかったことから、古墳の一部あるいは陪塚ではいかとの説もあるようです。
いずれにしても何らかの理由で古墳或いはその一部がそのまま、或いは転用されて利用されたものが色々な思惑や推測がされて今に残っているのでしょう。

歴史的なことのみならず将門が絡んでくると様々に話が広がりますね。



※七つの塚は北斗七星の形に配置してあるとありますが、地図に落とされたものを見ると実際にはかなり歪で無理があるような気もします。

※「塚に生えている樹木の枝を切り払うと祟る」という噂があるようですが、「1号塚」「7号塚」を見る限りただの噂のようです。

※「七天王塚清祓式」という式典が年に一度12月に執り行われています。
 千葉神社神職の祭主により大学関係者による玉串奉納、お祓い等の式典。



関連記事

Last Modified : 2019-12-14

No Subject * by 将門新皇
将門というのはそれほど当時の人々に恐れられていたのですね
怨霊信仰
興味が尽きません(^^)

Re: 将門新皇さん * by やませみJr
こんにちは

成田山新勝寺は将門調伏のお寺だし、妙見信仰は千葉県では深く根付いていて縁はありますが
ここで将門が出てくるとはちょっとびっくりです。
でもそれだけ恐れられながらも愛されているのかなと(^^)
伝承や民間信仰は面白いですね。

Comment-close▲

コメント







管理者にだけ表示を許可

No Subject

将門というのはそれほど当時の人々に恐れられていたのですね
怨霊信仰
興味が尽きません(^^)
2019-12-14-10:07 * 将門新皇 [ 編集 * 投稿 ]

やませみ Re: 将門新皇さん

こんにちは

成田山新勝寺は将門調伏のお寺だし、妙見信仰は千葉県では深く根付いていて縁はありますが
ここで将門が出てくるとはちょっとびっくりです。
でもそれだけ恐れられながらも愛されているのかなと(^^)
伝承や民間信仰は面白いですね。
2019-12-14-11:00 * やませみJr [ 編集 * 投稿 ]