木の葉のゆりかご別館

なにをしようか どこへいこうか

TOP >  旅行記 >  太子を巡る旅2019 - 1日目(飛鳥を歩く) ⑥稲渕の棚田

太子を巡る旅2019 - 1日目(飛鳥を歩く) ⑥稲渕の棚田



 
さてどちらへ行こうか。

目的地はこの日最後の四ケ寺目、「金剛寺」
です。

同じ道を歩くのもと思いながら標識の指す「朝風峠」の方へ歩き出したものの・・・

峠といえば峠越えの坂道

しばらく歩いてから引き返しました。


来た道を歩き、行きには気が付かなかったものを見つけ1枚

近くに小学校や幼稚園があるので「いかのおすし」の看板がありました。

お子さんがいらっしゃる方ならご存知かな?
でも「いかのおすし一人前は初めて見ました。
全国の「〇〇っ子」約束守って気をつけよう!

a1-93.jpg

ずっと同じ道を歩くのも何なので、大きな通りに出る手前で別な道に入ってみました。

突き当りを何となく右に入り・・・
多分違うな?で、引き返しました。

a1-94.jpg

「橘寺」の標識を見つけ、今度は素直にそちらの道を歩き「橘寺西門」
に着きました。
橘寺は「聖徳太子御遺跡霊場第八番」です。

a1-95.jpg

この日は「橘寺」へは寄らず、塀の向こうのお堂(往生院かな?)を見ながら外周を歩きます。
a1-96.jpg


突き当たった先に案内看板

「石舞台古墳」を目標に左手方向に進みます。

a1-97.jpg

少し歩くと「明日香周遊歩道」の標識と地図付きの案内看板
「石舞台古墳」へはこちらの道を歩いたほうが良さそうです。

a1-98.jpg


こうした道を歩いていると「明日香村」を歩いているなと実感できます。

日差しを遮るものはありませんが、水の流れを見ると少しほっとします。


a1-99.jpg


ここまで来て、以前自転車で走った道だということを思い出しました。

左側の橋(玉藻橋)を渡れば「石舞台古墳」前の公園です。


a1-100.jpg



公園内のトイレに立ち寄り、近くの東屋で休憩。
デイパックを下ろし、汗だくのシャツを1枚脱ぐと体も軽々(^-^)

この日は日帰り研修か旅行か、公園にはたくさんの子どもたちが来ていました。
暑い中でも元気でいいね!


時間はお昼を周っています。
「金剛寺」方面へ歩き出しましたが、1時を回るまで散策する予定です。



「専称寺」

a1-101.jpg

以前「定林寺」の御朱印を預かっていたのはここかな?

参拝はせずに先に進みます。

飛鳥川が見え隠れしながらの川沿いの道を歩き、「金剛寺」への道を確認して更に先へ歩きます。


「日本の古代史 飛鳥の謎を旅する」という光文社のムックを見て訪れてみたかった場所へ



「稲渕の棚田(いなぶちのたなだ)」

a1-102.jpg

「日本の棚田百選」にも選ばれている「稲渕の棚田」は300枚ほどの水田と畑で形作られています。

a1-103.jpg



日本の原風景を見ているような気分にさせてくれます。

まだこちらでは、田植えが済んでいませんでした。

これからの緑の水田、実りの秋そして彼岸花の頃は更に見事な風景を見せてくれるそうです。

a1-104.jpg


棚田を見ながら、もう少し足を伸ばし「稲渕の綱掛神事」

稲渕集落の「男綱」まで行ってみます。

a1-105.jpg

飛鳥川に掛かる「勧請橋」

「男綱」の引き綱(勧請縄)が見えます。

a1-106.jpg



なら旅ネット<奈良県公式観光公式サイト>
からの引用です。

https://yamatoji.nara-kankou.or.jp/

綱掛け神事とは、稲渕と栢森両大字に伝わる神事です。
子孫繁栄と五穀豊穣を祈るとともに、悪疫などこの道と川を通って侵入するものを押しとめ、
住民を守護するための神事と言われている。



a1-107.jpg


見てわかるかと思いますが男性のシンボルを表しています。
柏森の「女綱」が女性のシンボル

a1-108.jpg


思ったよりも深い渓谷状のところに掛けられていました。

a1-109.jpg




飛鳥川沿いを歩くと、この先には、柏森の「女綱」「飛鳥川の飛び石」

日本一名前の長い神社
「飛鳥川上坐宇須多伎比売命
(あすかかわかみにいますうすたきひめのみこと)神社」があります。

a1-110.jpg


柏森集落も美しい場所だと聞いていますし、「飛び石」
渡ってみたい。

でもそろそろ、時間と足の具合も考えなくては・・・

来た道を引き返し「稲渕の棚田」を見ながら「金剛寺」へ向かいます。









- - - 続きます - - -

関連記事

Last Modified : 2019-06-20

* by 将門新皇
いかのおすしは知っていましたが一人前はさすがに(笑)
思わぬところで勉強になりましたね(^^)

Re: 将門新皇さん * by やませみJr
全国的に使われている標語や看板にもそれぞれ地域で違いがあったりして、これも旅先の楽しみです(^^)
イカのおお寿司好きですが、1人前だったら他のネタも欲しいな~(笑)

Comment-close▲

コメント







管理者にだけ表示を許可

いかのおすしは知っていましたが一人前はさすがに(笑)
思わぬところで勉強になりましたね(^^)
2019-06-22-07:10 * 将門新皇 [ 編集 * 投稿 ]

やませみ Re: 将門新皇さん

全国的に使われている標語や看板にもそれぞれ地域で違いがあったりして、これも旅先の楽しみです(^^)
イカのおお寿司好きですが、1人前だったら他のネタも欲しいな~(笑)
2019-06-22-08:00 * やませみJr [ 編集 * 投稿 ]