木の葉のゆりかご別館

なにをしようか どこへいこうか

TOP >  旅行記 >  太子を巡る旅2019 - 1日目(飛鳥を歩く) ①日向寺へ

太子を巡る旅2019 - 1日目(飛鳥を歩く) ①日向寺へ

四天王寺で「新西国霊場」の出開帳があることを知り、思い切って出かけることを決めた今回の旅。

旅のメインテーマは「太子を巡る」です。

あとはその場次第で


さてどんな旅になりますか、始まり始まり~




6月3日、いつものように夜行バスで出発です。

年に1度しか乗りませんが、今回が今までで一番眠る(数時間ですが)ことができたかも

a1-01.jpg



翌日4日朝6時、京都駅八条口に到着です。

未だお店は開いていません。

「シズヤ」のパン、帰りに買えるかな?

a1-02.jpg



今回もある意味贅沢、すぐに近鉄線に乗り込み京都を後にして、奈良県は橿原神宮前駅へ



この日はレンタサイクルで一日回ろうかと思っていたはずが・・・
(事前に電動アシストや原付きもあることを確認済みです)

勝手に歩き出した私の足(笑)


旅の一日目は「聖徳太子御遺跡霊場巡り」です。

未だ訪れていない飛鳥の4ヶ寺を廻る予定です。



まずは一寺目、13番「日向寺(にっこうじ)」を目指します。




駅前の賑わいを抜け、真っすぐな道をひたすら歩きます。

道中、通学の小学生とすれ違ったりしながらの午前8時、すでに暑くなりそうな気配です。

a1-03.jpg



振り返って1枚

a1-04.jpg



真っ直ぐな道の突き当り

本当は手前を左折しなければいけなかったのかな?

でもこんな路地を歩いてみたくなります。

a1-05.jpg



路地を抜け突き当りを左に曲がると、地区の集会所

何気ない風景ですが、これがいいんです。

a1-06.jpg



ちょっと道に迷い回り道をしたようですが、この橋を渡れば目的地にいけるはず

この川は「飛鳥川」です。

a1-07.jpg



橋を渡るとこのような標識があって一安心

a1-08.jpg



「橿原市昆虫館」方面へ歩くとこんな標柱が建っています。

このあたりは「藤原京」の跡なんですね。

a1-09.jpg



更に歩くと「紀寺跡」の解説板

a1-10.jpg



今は目に見えるものは何もありません。

土の中で歴史が眠っています。

a1-11.jpg



お寺がありますが、「日向寺」ではありません。

こちらは浄土宗のお寺、「法然寺」

「法然上人二十五霊場第10番」のお寺ですが今回は立ち寄りません。

時間も未だ8時20分です。

a1-12.jpg



「みるく工房飛鳥」さんの看板が目印、道を渡って先に進みます。

a1-13.jpg



こちらも目印の「鞄工房山本」さんの駐車場

a1-14.jpg



この近くに「日向寺」はあるはずです。

事前情報では道が狭く車で行くのは無理がある・・・とのことです。


「鞄工房山本」さんの工場

「天岩戸神社」と「橿原市昆虫館」の案内標識があり左に「みるく工房飛鳥」さんが見えます。

a1-15.jpg



どちらに行こうかちょっと迷いましたが

まっすぐ「橿原市昆虫館」方向へ進むと「日向寺」の案内標識がありました。

a1-16.jpg



道を曲がるとすぐでした、到着!

聖徳太子御遺跡霊場13番 日向寺

a1-17.jpg



本堂と庫裏が一緒になった小さなお寺

a1-18.jpg



お参りして御朱印をいただきたいところですが、「日向寺」は現在無住のお寺です。

御朱印は別なお寺で頂くことができるので、それはまた改めて次回のお楽しみに



「聖徳太子伝暦」に聖徳太子建立寺院のひとつとして挙げられているということもあり

御朱印の納経題字は「太子造寺九院之一」となります。




お寺を出て反対方向に回ってみるとこちらにもっと大きな案内看板がありました。

a1-19.jpg



特に太子を忍ばせるものは何もありません。

それでもこの狭い通りや土塀が何かを感じさせてくれるのです。

訪れてよかった・・・

a1-20.jpg



さあ、次のお寺へ参りましょう。

あ、でもその前に気になるところへ


- - - 続きます - - -

















関連記事

Last Modified : 2019-06-13

* by 将門新皇
夜行バスだと旅先の早朝の街並みを歩けるんですね~♪
遠い街の違った姿を楽しめるそんな旅も面白そう(^^)

Re: 将門新皇さん * by やませみJr
まだまだ若い(つもり)ので時間を有効活用してます。
実際は交通費が格段に違うからですけれどね(^^;

夜行バス網って全国に張り巡らされているので上手く活用すると色々なところに行けそうです。

こんにちは。 * by maruru
土の中で歴史が眠っています。。
そうですね。
そして・・・今がある。
石垣にも趣が・・・

Re: こんにちは。 * by やませみJr
maruruさん
どうしても目に見えるものに惹かれ、そして追いがちですが私の好きな古代では想像力で
まあ、人から見れば妄想力かもしれませんがね(笑)
千年以上も前のものが途切れること無く、つながっていると思うと、しばし一人しみじみとしてしまいます(^^)

Comment-close▲

コメント







管理者にだけ表示を許可

夜行バスだと旅先の早朝の街並みを歩けるんですね~♪
遠い街の違った姿を楽しめるそんな旅も面白そう(^^)
2019-06-14-05:55 * 将門新皇 [ 編集 * 投稿 ]

やませみ Re: 将門新皇さん

まだまだ若い(つもり)ので時間を有効活用してます。
実際は交通費が格段に違うからですけれどね(^^;

夜行バス網って全国に張り巡らされているので上手く活用すると色々なところに行けそうです。
2019-06-14-06:54 * やませみJr [ 編集 * 投稿 ]

こんにちは。

土の中で歴史が眠っています。。
そうですね。
そして・・・今がある。
石垣にも趣が・・・
2019-06-27-15:54 * maruru [ 編集 * 投稿 ]

やませみ Re: こんにちは。

maruruさん
どうしても目に見えるものに惹かれ、そして追いがちですが私の好きな古代では想像力で
まあ、人から見れば妄想力かもしれませんがね(笑)
千年以上も前のものが途切れること無く、つながっていると思うと、しばし一人しみじみとしてしまいます(^^)
2019-06-27-17:05 * やませみJr [ 編集 * 投稿 ]