木の葉のゆりかご別館

なにをしようか どこへいこうか

TOP >  本・雑誌・読書 >  飛鳥とは何か - 梅原猛

飛鳥とは何か - 梅原猛



三度目読了!


一度目・・・さっぱりわからない。
やはり出て来る地名や人物名など馴染みがなく、まして難解なので頭に入ってこない。
でもそれで終わりではなく、昔から抱いていた飛鳥へのあこがれや不思議な石造物への興味を思い出し、明日香村を訪ねる契機になったのだから、題名に惹かれて購入したこの本に縁があったのだろう。


二度目・・・旅行で明日香村をサイクリングして後また読んでみた。
頭の中に時代のイメージや地名の位置関係が多少解るようになり、少し理解できるようになり、一度目ほど突っかかることなく割りと通しで読めました。

三度目・・・やはりちゃんと読んでいるようで読んでいないですね。
そのおかげでまた楽しく読めました。
再読後「隠された十字架」や他の「聖徳太子」関係の本やムック、そして同じく再読・再再読の「記紀」を読んだりしていましたが、私の場合学問というより漠然とした憧れで捉えているのかな。
平安時代ではなく奈良時代でもないその前の飛鳥時代に強く惹かれています。

足掛け4年で三度目の読書、また次がありそうです。


関連記事

Last Modified : 2020-06-13

No title * by 将門新皇
飛鳥時代にも興味あります
蘇我氏は本当に悪だったのか???
聖徳太子は本当にいたのか?
どうして表舞台からいなくなったのか…
歴史ロマンですね(^^)

No title * by やませみ
> 将門新皇さん
おはようございます。
聖徳太子ファンとしては絶対外せませんし、今の日本の元になっている時代だと思います。
資料が少なく歯がゆいですが、発掘によってあっと驚くような発見も多々ある面白い時代そして場所ですね。

ナイスありがとうございます。

No title * by teracyan
この場所に何かあったのでしょうかね?
月1に行ってると特別な場所ではないんですけどね
聖徳太子は…謎が多すぎますね
凸~

No title * by ぶーぶー
僕は高校時代から全く日本史や日本地理に興味がなく、赤点ばかりだったのですが、この年になって、急激に日本回帰はじめてます

と言っても幼稚園レベルですけど。。。(@_@;)

No title * by みつ
こんにちは 飛鳥の魅力は尽きないですね 僕も大好きです
この町を歩くと古代にタイムスリップできそうな雰囲気がいいんですかね?飛鳥から始まる仏教の広がり、日本国の形が誕生していく礎みたいな事がたくさん埋もれてます。 また見に来てください ナイス

No title * by やませみ
ベントさん
日向夏さん
おはようございます。
ナイスありがとうございます。

No title * by やませみ
> teracyanさん
おはようございます。
さほど広くない土地、現在はのんびりとした所なのに激動の歴史が隠されているというのが惹かれるポイントかも。
またきっと、あっ!というような発見がありますよ(^^)
聖徳太子は歴史に大きな足跡を残しながら記録が少なすぎますよね。
不思議です。

ナイスありがとうございます。

No title * by やませみ
橘志会さん
もえぎさん
おはようございます。
ナイスありがとうございます。

No title * by やませみ
> ぶーぶーさん
おはようございます。
私は歴史は好きでとても興味を持っていましたが、授業の歴史は嫌いでした。
詳しく知りたいのにさっと次に移り、〇〇は何年と丸暗記ですからね(^^;
好きな事に興味をもつのは、いくつからでも良いじゃないですか。
私の聖徳太子御遺跡巡りも今風に言えば聖地巡礼ですね(^^)

ナイスありがとうございます。

No title * by やませみ
> みつさん
おはようございます。
飛鳥時代、そして飛鳥という土地どちらにも惹かれますね。
のんびりした田舎町なのに、何だかわけのわからないものがたくさん、それもごく普通に転がっているのがとても魅力的です。
三度目、きっと訪れますよ。
そしてその次も(^^)

ナイスありがとうございます。

No title * by やませみ
ちぷたさん
naoさん
おはようございます。
ナイスありがとうございます。

No title * by お母はん
今日はお父はんです。我が家なら思わず日本一の豪華客船「飛鳥Ⅱ」と答えてしまいそうですが、奈良に住んでいたころは明日香村の石舞台にも行ったくらい歴史好きです。

No title * by やませみ
> お父はんさん
おはようございます。
「あすか」を耳にしたり、それぞれの漢字で見ると思い浮かべるのは人それぞれですね。
でもその元になっているのは、飛鳥時代と飛鳥の地、詳しく知らなくてもよくわからなくても、皆さん何だか惹かれるものがあるのでは?(^^)

ナイスありがとうございます。

Comment-close▲

コメント







管理者にだけ表示を許可

No title

飛鳥時代にも興味あります
蘇我氏は本当に悪だったのか???
聖徳太子は本当にいたのか?
どうして表舞台からいなくなったのか…
歴史ロマンですね(^^)
2017-09-27-05:31 * 将門新皇 [ 編集 * 投稿 ]

No title

> 将門新皇さん
おはようございます。
聖徳太子ファンとしては絶対外せませんし、今の日本の元になっている時代だと思います。
資料が少なく歯がゆいですが、発掘によってあっと驚くような発見も多々ある面白い時代そして場所ですね。

ナイスありがとうございます。
2017-09-27-06:00 * やませみ [ 編集 * 投稿 ]

No title

この場所に何かあったのでしょうかね?
月1に行ってると特別な場所ではないんですけどね
聖徳太子は…謎が多すぎますね
凸~
2017-09-27-07:45 * teracyan [ 編集 * 投稿 ]

No title

僕は高校時代から全く日本史や日本地理に興味がなく、赤点ばかりだったのですが、この年になって、急激に日本回帰はじめてます

と言っても幼稚園レベルですけど。。。(@_@;)
2017-09-27-10:51 * ぶーぶー [ 編集 * 投稿 ]

No title

こんにちは 飛鳥の魅力は尽きないですね 僕も大好きです
この町を歩くと古代にタイムスリップできそうな雰囲気がいいんですかね?飛鳥から始まる仏教の広がり、日本国の形が誕生していく礎みたいな事がたくさん埋もれてます。 また見に来てください ナイス
2017-09-27-13:32 * みつ [ 編集 * 投稿 ]

No title

ベントさん
日向夏さん
おはようございます。
ナイスありがとうございます。
2017-09-28-05:36 * やませみ [ 編集 * 投稿 ]

No title

> teracyanさん
おはようございます。
さほど広くない土地、現在はのんびりとした所なのに激動の歴史が隠されているというのが惹かれるポイントかも。
またきっと、あっ!というような発見がありますよ(^^)
聖徳太子は歴史に大きな足跡を残しながら記録が少なすぎますよね。
不思議です。

ナイスありがとうございます。
2017-09-28-05:40 * やませみ [ 編集 * 投稿 ]

No title

橘志会さん
もえぎさん
おはようございます。
ナイスありがとうございます。
2017-09-28-05:40 * やませみ [ 編集 * 投稿 ]

No title

> ぶーぶーさん
おはようございます。
私は歴史は好きでとても興味を持っていましたが、授業の歴史は嫌いでした。
詳しく知りたいのにさっと次に移り、〇〇は何年と丸暗記ですからね(^^;
好きな事に興味をもつのは、いくつからでも良いじゃないですか。
私の聖徳太子御遺跡巡りも今風に言えば聖地巡礼ですね(^^)

ナイスありがとうございます。
2017-09-28-05:45 * やませみ [ 編集 * 投稿 ]

No title

> みつさん
おはようございます。
飛鳥時代、そして飛鳥という土地どちらにも惹かれますね。
のんびりした田舎町なのに、何だかわけのわからないものがたくさん、それもごく普通に転がっているのがとても魅力的です。
三度目、きっと訪れますよ。
そしてその次も(^^)

ナイスありがとうございます。
2017-09-28-05:48 * やませみ [ 編集 * 投稿 ]

No title

ちぷたさん
naoさん
おはようございます。
ナイスありがとうございます。
2017-09-28-05:49 * やませみ [ 編集 * 投稿 ]

No title

今日はお父はんです。我が家なら思わず日本一の豪華客船「飛鳥Ⅱ」と答えてしまいそうですが、奈良に住んでいたころは明日香村の石舞台にも行ったくらい歴史好きです。
2017-09-30-16:48 * お母はん [ 編集 * 投稿 ]

No title

> お父はんさん
おはようございます。
「あすか」を耳にしたり、それぞれの漢字で見ると思い浮かべるのは人それぞれですね。
でもその元になっているのは、飛鳥時代と飛鳥の地、詳しく知らなくてもよくわからなくても、皆さん何だか惹かれるものがあるのでは?(^^)

ナイスありがとうございます。
2017-10-01-06:22 * やませみ [ 編集 * 投稿 ]