木の葉のゆりかご別館

なにをしようか どこへいこうか

TOP > 古代史覚書

日本書紀の「のろし台」確認

日本書紀の「のろし台」確認

毎日新聞朝刊 2021年1月21日奈良県高取町の「佐田タカヤマ遺跡」で7世紀後半の「のろし台」跡が見つかった。日本書紀に書かれていることが、史実として証明されたのですね。お正月休みに読もうとして買ったはいいけれど、まだ少ししか読んでいない、現代語訳の「日本書紀」と「古事記」もう少し読み進めなくては(^^)...

… 続きを読む

No Subject * by アルフレッド
のろし台の跡と言うのは興味深いです

No Subject * by 将門新皇
へ~それはすごい!
7世紀後半には防人として関東からも徴兵していたんだからそのころにはしっかりと大和朝廷の支配が広範囲にわたって確立していたんですね
あっそもそも白村江の戦いで何万もの兵を派遣していたんだっけ(笑)


Re: アルフレッドさん * by やませみ
おはようございます。

考古学の発見にはいつも驚かされます。
複数カ所見つかって実際にのろしを上げる実験がされたらなと想像を膨らませています(^^)

Re: 将門新皇さん * by やませみ
おはようございます。

考古学はひとつの発見で色々わかることが多いので、これからが楽しみです。
大和朝廷と関東の支配関係もどのような結びつきかわかって来るかもしれませんよ。

今回の発見は、白村江の戦いの大敗後の歴史の大きな裏付けですね。

こんにちは * by ぶーぶー
古事記とか興味はすごくあるんですが なんせ難しそうで :(;゙゚'ω゚'):

Re: こんにちは * by やませみ
ぶーぶーさん
こんばんは

古事記は神話的な話が多いので、よく知られてる話が多いんじゃないかと思います。
日本書紀は歴史書なのでまたちょっと難しいかな。
私も難しいのが嫌なので書き抜きみたいのや、その場所を絡めた旅の本を読んでいましたが、もう少し知りたくなり昨年末に現代語訳のを買いました。
その時の気分であちこち読んでます(^^)

Comment-close▲

文武天皇陵特定

文武天皇陵特定

文武天皇陵 特定「中尾山」は八角形墳陵墓指定外 発掘で裏付け毎日新聞 2020年11月27日(金)朝刊あ、最後の文が切れてた!内容はわかるからまあ良いか(^^;巨大古墳のほとんどは、天皇陵や陵墓参考地などに治定されていて、立ち入りが制限されていて発掘調査も出来ない状態です。そして、天皇陵比定とは裏腹に埋葬されている人物が誰なのかはっきりわからないのが現状なのだそうです。今回の「中尾山古墳」も研究者の間では、比定...

… 続きを読む

No Subject * by 将門新皇
天皇の古墳の調査は宮内庁が許しませんからね
文武天皇陵か~貴重な発見だぁ(^^)

Re: 将門新皇さん * by やませみ
おはようございます。
ある意味皮肉なもので、調査出来たゆえの発見です。
宮内庁が方針を変えてもう少し調査が出来るようになれば歴史が変わるような発見がありそうですね(^^)

Comment-close▲

「斑鳩宮」壁土80年ぶり確認

「斑鳩宮」壁土80年ぶり確認

2020年10月14日 毎日新聞朝刊「斑鳩宮」壁土80年ぶり確認法隆寺倉庫 出土後所在わからず法隆寺にはまだまだ眠ってるものがあるんですね。こうして、資料では確認されていながら所在不明の発掘品や文化財はたくさんあるのでしょうね。また、保存のために再び眠りについてしまったものも数多くある事と思います。今回は「聖徳太子1400年御遠忌」でしたが。こうした機会に再検証されて新しい発見に繋がればいいなと思います。...

… 続きを読む

こんにちは! * by ぶーぶー
歴史探訪 たのしいですね!時空旅行

Re: こんにちは! * by やませみ
ぶーぶーさん
こんにちは
記事を読んだだけでその時代に飛んだ気分になります♪
そして、ここからまた新しい発見があるかな~と想像するだけでも楽しいです(^^)

Comment-close▲

「卑弥呼の墓」透過調査 - 箸墓古墳

「卑弥呼の墓」透過調査 - 箸墓古墳

毎日新聞 1月10日(金)朝刊「卑弥呼の墓」透過調査奈良・箸墓古墳宇宙線 敷地外から観測古墳の調査も発掘だけではないんですね。箸墓古墳=卑弥呼の墓説を裏付ける証拠は発見できるのか、はたまた否定されるのか。調査結果が楽しみです。でもその反面・・・謎は謎のままでもという気持ちも箸墓古墳 古墳マップhttps://kofun.info/kofun/91...

… 続きを読む

こんにちは! * by ぶーぶー
古墳マニアのフェイスブックでは、かなり盛り上がってます というかウソホントで炎上中

Re: こんにちは! * by やませみJr
ぶーぶーさん
こんにちは
> 古墳マニアのフェイスブックでは、かなり盛り上がってます というかウソホントで炎上中

盛り上がり方がちょっと逸れてきたというか広がってきた?(笑)
邪馬台国ブームまた来ますかね~

箸墓 * by 将門新皇
卑弥呼ってたしか魏志倭人伝くらいしか記録がありませんでしたよね~
文字の無い時代だからどこまで判明できるのか…
興味あります(^^)

Re: 箸墓 * by やませみJr
将門新皇さん
発掘せずにどれくらいの成果が出るのか興味津々です(^^)
邪馬台国、大和説や卑弥呼につながるものが何かわかりますかね。
歴史は一つの発見で大きく変わりますからね。
わからないことばかりの古代史がもう少し身近になればいいですね。

No Subject * by omachi
あなたの知らない日本史をどうぞ。
歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。

Re: omachi さん * by やませみJr
omachiさん
こんにちは
歴史小説ですか。
なかなか面白そうですね(^^)
ここのところ小説から離れていますが、覗いてみますね。
奈良時代より前の飛鳥時代に興味がある私ですが、歴史は繋がっていますし
どう繋がっているかにはやはり気になるところです。

紹介ありがとうございます。

Comment-close▲

法隆寺と同じ瓦 - 鉢屋遺跡・西安寺跡

法隆寺と同じ瓦 - 鉢屋遺跡・西安寺跡

「法隆寺と同じ瓦出土」聖徳太子ゆかりの寺跡? 滋賀・鉢屋遺跡2018年11月2日(金)公益社団法人滋賀県文化財保護協会調査員のオススメの逸品 第248回 栗東市鉢屋遺跡から出土した忍冬文単弁蓮華文軒丸瓦http://shiga-bunkazai.jp/%e8%aa%bf%e6%9f%bb%e5%93%a1%e3%81%ae%e3%82%aa%e3%82%b9%e3%82%b9%e3%83%a1%e3%81%ae%e9%80%b8%e5%93%81%e3%80%80%e7%ac%ac248%e5%9b%9e%e3%80%80%e6%a0%97%e6%9d%b1%e5%b8%82%e8%9c%82%e5%b1%8b...

… 続きを読む

古代史覚書 - 令和元年6月の新聞記事

古代史覚書 - 令和元年6月の新聞記事

6月の古代史関連記事6月17日 毎日新聞下総国庁跡確定に期待 - 市川市、国府台で初の発掘調査へ市川市HP 下総総社跡http://www.city.ichikawa.lg.jp/edu09/1521000012.html6月19日 毎日新聞 千葉版金鈴塚古墳の秘密漫画で教えます! - 木更津市教委 全小学校に冊子配布千葉県教育委員会 金鈴塚古墳https://www.pref.chiba.lg.jp/kyouiku/bunkazai/bunkazai/p411-014.html6月29日 毎日新聞飛鳥寺で風鐸出土 - 創建当初、国内...

… 続きを読む

古代史覚書 - 2019年①(平成31年1月~令和元年5月)

古代史覚書 - 2019年①(平成31年1月~令和元年5月)

今年、2019年になってから、古代史に関して読んだり見たりしたものの覚書です。読んだ本(再読したものには除き新しく読んだもの)日本書紀は何を隠してきたか 遠山美都男新聞切り抜き岩波書店  シリーズ 古代史をひらくTV番組1月 3日  プレミアム英雄たちの選択 「古代史2時間SP ニッポンのあけぼの 古代人のこころと文明に迫る」1月31日  英雄たちの選択・選 「古代史ミステリー 巨大古墳の国際戦略~...

… 続きを読む

蛙と亀

蛙と亀

歴史番組が好きでNHKの「歴史秘話ヒストリア」と「英雄たちの選択」を割と見ていますが、毎回見るわけではなく興味があるのは古代史。発掘により毎年のように新発見があり、見ているとわくわくします。そんな古代史の最近新聞で見つけた記事。纏向遺跡からカエルの骨(毎日新聞 2019年4月26日朝刊)水田に水が張られ、田植えも始まり日増しに田んぼが賑やかになってきました。水が張られた田んぼでは朝からカエルの大合唱蛙の声を...

… 続きを読む